近代日本思想史の基本文献

日本思想史関係の講座・通史(近代を中心に)

苅部直「総論 近代の思想」苅部直・黒住真・佐藤弘夫・末木文美士・田尻祐一郎編『日本思想史講座』第4巻(ぺりかん社、2013)、『岩波日本史辞典』の巻末に付されている近現代史の基本文献のなかから、思想史関係をピックアップしてまとめを作成。

講座・通史

  • 近代日本思想史研究会 編『近代日本思想史』全4巻(青木書店、1956)

各巻構成

      • 遠山茂樹・山崎正一・大井正らの編集による。近代日本思想史研究会は山崎が中心の会で、生松敬三・古田光・宮川透らが集まっていた。
  • 伊藤整ほか編『近代日本思想史講座』全7巻(筑摩書房、1959~1961)

各巻構成

    • ただし2巻「正統と異端」は未刊
宮沢俊義、大河内一男監修『近代日本思想史大系』全7巻(有斐閣、1968~1979)
  • 全8巻予定だったが8巻が未刊。

各巻構成

  • 『現代日本思想史』全5巻(青木書店、1971)

各巻構成

    • 1977年に新装版として再刊。明治からの通史。
  • 古川哲史・石田一良編『日本思想史講座』全8巻+別巻2(雄山閣、1975~1978)
    • 近代は6~8巻
  • 安田常雄, 佐藤能丸 編『展望日本歴史24 思想史の発想と方法』(東京堂出版、1999)
    • 近代日本思想史に関する重要な文献を精選して紹介。
    • 巻末に文献一覧あり
  • 苅部直・黒住真・佐藤弘夫・末木文美士・田尻祐一郎編『日本思想史講座』全5巻(ぺりかん社、2012~刊行中)
  • 苅部直・黒住真・佐藤弘夫・末木文美士編『岩波講座 日本の思想』全8巻(岩波書店、2013~刊行中)
  • 趙景達・原田敬一・村田雄二郎・安田常雄編『講座 東アジアの知識人』全5巻(有志舎、2013~)刊行中

各巻構成


概説・入門書

  • 鳥井博郎『明治思想史』(三笠書房、1935)
  • 橋川文三、鹿野政直、平岡敏夫編『近代日本思想史の基礎知識 : 維新前夜から敗戦まで』(有斐閣、1971)
    • 関連して、 田村円澄ほか編『日本思想史の基礎知識 : 古代から明治維新まで』(有斐閣、1974)というのもある。
  • 佐藤弘夫編『概説日本思想史』(ミネルヴァ書房、2005.4)
  • 苅部直、片岡龍編『日本思想史ハンドブック』(新書館、2008.3)

辞事典

  • 伊藤友信[ほか]編集『近代日本哲学思想家辞典』(東京書籍、1982.9)
  • 森宏一編『哲学辞典』新装版(青木書店、1995)
  • 子安宣邦監修、桂島宣弘 [ほか]編『日本思想史辞典』(ぺりかん社、2001)
  • 日外アソシエーツ編集部編『日本の思想家:時代の潮流を創った思想家・伝記目録 』(日外アソシエーツ、紀伊國屋書店 (発売)、2005.11)
    • 辞典というよりは人物に関する書誌
  • 石毛忠、今泉淑夫、笠井昌昭、原島正、三橋健編『日本思想史辞典』(山川出版社、2009)
  • 石田一良、石毛忠編『日本思想史事典』(東京堂出版、2013.9)

文献目録・史料集など

とくに、付されている解説は基本文献足りうる。
  • 三橋猛雄『明治前期思想史文献』(明治堂書店、1976)
    • 古書店経営者だった著者の旧蔵書などから採録した明治前期刊行の思想史文献(著者家蔵本)の形態、目次、凡例、序跋文、本文。参考文献から関連事項を付記。巻末に「参考書目一覧」あり。明治22年まで。
    • 色川大吉「三橋文庫の学問的価値」東京経済大学創立九十周年記念展示実行委員会編『三橋文庫目録』(東京経済大学、1990)所収
  • 『現代日本思想大系』全35巻(筑摩書房、1963~1968)
    • 著名な思想家(福沢諭吉・内村鑑三・鈴木大拙・河上肇・西田幾多郎・田辺元・和辻哲郎・柳田國男・三木清)を除き、基本的にはテーマ別編成
    • 第9巻「アジア主義」の竹内好の解説など、それ自体が思想史研究上の古典として扱われるものも少なくない。
  • 『戦後日本思想大系』全16巻(筑摩書房、1968~1974)
    • 全巻テーマ別編集。1945年以降の著作を扱う。
  • 『近代日本思想大系』全36巻(筑摩書房、1974~1990)
    • 思想家別+明治思想集、大正思想集、昭和思想集という構成。原則として1945年までの著作
    • 松本三之介氏による明治思想集の解説はのちに『明治思想史』(新曜社、1995)として刊行
  • 日本近代思想大系』全24巻(岩波書店、1988~1992)
    • 『日本思想大系』の続編。テーマ別
    • 別巻『近代史料解説・総目次・索引』は主要史料群への入門的な解説を付しており、必読。
  • 家永三郎編『日本平和論大系』全20巻(日本図書センター、1993~1994)
  • 思想の科学研究会編『共同研究転向』(平凡社、1959~1962)
    • 平凡社東洋文庫(2012)。成田龍一氏の解説を付す。
  • 鹿野政直『近代日本思想案内』(岩波文庫、1999)
    • 岩波文庫に入っている近代思想家の紹介にとどまらない論点を示す。

参考になるサイト


  • 最終更新:2013-12-03 23:10:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード